中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 私の勉強法
私の勉強法

"私の勉強法。
というと、やや大げさな気もしますが、普段から何かを覚えたいときに私がやっていることがあるので、それを書きたいと思います。

それが、インプットを「寝る前に」すること。

基本、寝る前に覚えたことというのは記憶に定着しやすいのです。

理由を説明します。

人には潜在意識というものがあります。
普段は通常の意識がはたらき、潜在意識は引っ込んでいて出てきません。
しかし、一日の中で通常の意識が潜在意識と入れ替わる時間があります。
朝起きたときと、夜眠るときです。
この通常の意識が潜在意識と入れ替わるときに思ったことや覚えたことは、記憶の深いところに定着しやすくなります。

眠り、つまり睡眠が記憶の定着にとって欠かせないものだということはよく知られていますが、そこで行われているのは情報の取捨選択です。
いらない、必要ないと判断された情報は消され、必要だと判断された情報のみが蓄積していきます。
その際、潜在意識のなかで得た情報は、必要と判断されやすいようです。

したがって、寝る前に覚えたことは覚えやすい(記憶に残りやすい)、となります。

しっかりと覚えたい、暗記したいことがあれば、寝る前の時間を使って覚えるのが効果的です。"


Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved