中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 中国語を勉強したけど・・・
中国語を勉強したけど・・・

"中国語と言えば大学生の時分、第2外国語としてとして学習した記憶がある。
第2外国語というくらい、結構な時間を学習したはずなのに話せるようになったかとういと全然・・・
その時の中国語の先生は中国で生まれて生活していたとかで、とにかく中国語はネイティブで半端なく上手で圧倒されるほど。
ただ残念だったのが、日本語がちょっと・・・一生懸命中国語の文法を説明してくれるのだが、分かっているのは先生だけという残念な結果だったのです。先生の説明が上手だったらもう少しうまくなってたかもって人のせいにする私だったのです。"

日本人と中国語

"中国語は漢字で構成されていて、日本人にとっても学びやすい外国語であるのではないか、と私は考えていました。そう思って私は中国語を学び始めました。
漢字という日本人にとっても身近な文字で構成されているから理解しやすいだろうと思っていましたが、しかし学び始めてみると日本で使われている漢字とは大きく異なる、と感じるようになってきました。文法や翻訳はある程度分かりやすいのですが、なんといっても発音が難しいのです。読み書きは問題なくても、いざ発音し会話にしようとすると途端に難しくなります。漢字という我々にとってもなじみ深い言語を使用しているのに、何だかとても新鮮な気分になれるものだな、と思いました。
そんな新しい発見を楽しみながら、会話が出来るようにこれからもこつこつ学びたいと思える言語だと私は感じました。"


Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved