中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 塾の思い出
塾の思い出

私が初めて塾に通いだしたのは、中学校3年生の時でした。本当は塾に行きたくなかったのですが、理数系が弱いことを心配した母が、私を塾に入れたのでした。塾に通うようになったものの、周りのみんなは塾に来ても遊んでばかり、大学生の先生は生徒に馴れ馴れしく接していて、そんな雰囲気がたまらなく嫌だったことを覚えています。そんな中、わたしはきっちり勉強して、わからないところを質問しにいきました。今でも覚えているのは、先生がボソボソと回答を見ながら、答えを説明してくれたことです。それにしても格好いい先生でした。生徒としては先生の答え方には不満は多少ありましたが、先生のルックスと、何より、納得のゆく説明に、毎回満足し、徐々に成績が上がってゆきました。最後まで、その塾に愛着を感じたことはありませんでしたが、無事に志望校に合格することができたのは、塾のお陰でもあったので、今更ながら感謝の気持ちでいっぱいです。遠くに引越した今、お世話になったあの塾はどうしているだろう、と思い焦がれます。


Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved