中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 中小企業診断士の意識
中小企業診断士の意識

中小企業診断士としての持つべき意識はどんなものなのでしょうか。
まず中小企業診断士は、企業の経営を支援する役目があるわけですから、自分の得意な領域はどのあたりかをまず自己認識し支援にあたってどの程度、その企業に貢献できるかを意識することも大切です。

また、中小企業診断士は常に学習意欲にどん欲であり、知的でいることを意識し、社会の経済の動きや新しい制度などにも、関心を持ち続けることが大事です。
最後に、中小企業診断士という立場は常に自立意識をもっていなければいけません。

プロのコンサルタントとしてしっかり現状を把握し、その場にふさわしい立ち居振る舞いと中小企業診断士としての診断を提供しつづけなければならないでしょう。
中小企業診断士は企業のドクターともいえる立場です。

患者である経営相談に訪れる経営者を、中小企業診断士が処方し、施術しなければならないのですね。
まさに背筋をピンとさせられるような、立派な職業だといえるでしょう。


Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved