中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 資格の更新
資格の更新

国家資格の一つである中小企業診断士は、その試験の難易度もかなり高いですが、資格を取得したあとでも、中小企業診断士としての資質や実績など、きちんとした評価基準のもとで実力、経験値など細かい基準を超えなければ登録の更新ができない、しっかりした資格です。

中小企業診断士の資格を取得すると、5年間、中小企業診断士として国に登録されます。
しかし先ほども書いたように、ただ登録されているだけでは5年後の更新ができません。
登録期間の5年の間に、中小企業診断士として必要な仕事をこなし、それに合わせた点数もつけられます。
そして規定の点数以上とらなければいけません。

毎年最低1回、中小企業診断士の研修にも、参加が義務付けられていますし中小企業診断協会で行われる論文審査などの通過も、更新の条件の一つです。
それだけ中小企業診断士としての水準が保たれるよう、制度化されているのは資格の信頼性もあがりますね。
経済は日々変わるわけですから、その中で企業の診断を任される資格だけにむしろ厳しいのは当然なのかもしれません。

インターネットでバーチャルオフィスを大阪で探すことが可能となります。

Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved