中小企業診断士の資格試験や仕事内容についてやさしく解説

中小企業診断士の資格と仕事ガイド

中小企業診断士・TOP > 仕事について
仕事について

中小企業診断士とはどういった資格なのでしょうか。
名前の通り、中小企業診断士は中小企業について診断する資格で、企業のドクターとも言われています。
中小企業診断士は企業の様々な相談を受けることはもちろん、企業の現況を把握して問題点を抽出したり、また、不況の今、国の中小企業の業績不振対策の一つに、新分野への事業展開に国から補助金が出るなどの政策があります。
この、国からの補助金などを企業に合わせて紹介し、提案したりまた補助金を受ける際に、該当する機関に提出する必要書類の作成なども、中小企業診断士はしなければなりません。

中小企業診断士は、診断する企業の視点と、経済の状態から見る視点とを合わせ、かつ国の政策なども加味させながら、企業の業績を上げる手伝いをします。
言い換えれば中小企業診断士は、人から感謝される"人助け"となる誇りとやりがいのある仕事です。
中小企業診断士を目指すなら、高い志と、誰かの為になりたいという熱い情熱をもって取り組みたいですね。

PR 新生銀行 住宅ローン


Copyright © 2009 中小企業診断士の資格と仕事ガイド . All rights reserved